ポーズ・アーサナ

【ヨガの基本】太陽礼拝(サンサルテーション)Bのやり方

ヨガイメージ

「太陽礼拝」は、AとBの2つのやり方があります。太陽礼拝Bは、全く異なるやり方ではなくAを基本にしながらポーズを加えカスタマイズしたバージョン。前後開脚なども増え、少し難易度もアップします。太陽礼拝Aがある程度できるようになった人は、太陽礼拝 Bにもチャレンジしてみましょう。

太陽礼拝Aの詳細は、以下の記事でご紹介していますのでご覧ください。本記事ではAとは異なるポイントを中心にご紹介します。

 

step
1
まっすぐに立ちます 【タダーサナ】

太陽礼拝Bステップ1

step
2
お尻を斜め後方&両腕をアップ 【ウトゥカターターサ】

太陽礼拝Aでは、タダーサナからウッターナーサナをおこないますが、太陽礼拝Bではタダーサナからお尻を斜め後方に下げながら膝を曲げていきましょう。このとき膝がつま先よりも前に出ないように注意してください。両腕は体側にそって上げていき、腕が耳の横あたりでキープします。

太陽礼拝Bステップ2

step
3
両手を床について前屈 【ウッターナーサナ】

太陽礼拝Bステップ3

step
4
上半身だけアップ 【アルダ・ウッターナーサナ】

太陽礼拝Bステップ4

step
5
上半身を下げます 【ウッターナーサナ】

太陽礼拝Bステップ5

step
6
片足を後ろへ 【ローランジ】

太陽礼拝Bステップ6

step
7
足を抜いて、両足を後ろに 【プランク】

太陽礼拝Bステップ7

step
8
身体をゆっくり下げます 【チャトランガ】

太陽礼拝Bステップ8

step
9
上半身をアップします 【コブラ】

太陽礼拝Bステップ9

step
10
お尻を斜め上へ引き上げます 【ダウンドック】

太陽礼拝Bステップ10

step
11
右足を両手の間に移動し、上半身をアップ 【ヴィラバドラーサナ1】(右)

ダウンドックから右足を両手の真ん中に移動させます。(右膝は曲げた状態)左足はつま先をマットの外側へ45度くらい開き、足裏をすべてマットにつきます。両手を腰に当てゆっくりと上半身を起こしてください。右膝はしっかり曲げ、両足でしっかり床を踏み、体勢が安定したら両腕を天井にアップします。背筋をまっすぐに伸ばし、腰に負担がかからないように尾骨を少し内側へ入れます。

 太陽礼拝Bステップ11

step
12
足を抜いて、両足を後ろに 【プランク】

太陽礼拝Bステップ12

step
13
身体をゆっくり下げます 【チャトランガ】

太陽礼拝Bステップ13

step
14
上半身をアップします 【コブラ】

太陽礼拝Bステップ14

step
15
お尻を斜め上へ引き上げます 【ダウンドック】

太陽礼拝Bステップ15

※ステップ11を今度は左足側をおこないます。その後も同じようにステップ12〜15を続けましょう。

step
16
片足を前へ 【ローランジ】

太陽礼拝Bステップ16

step
17
上半身だけ少しアップ 【アルダ・ウッターナーサナ】

太陽礼拝Bステップ17

step
18
深く前屈 【ウッターナーサナ】

太陽礼拝Bステップ18

step
19
お尻を斜め後方&両腕をアップ 【ウトゥカターターサ】

太陽礼拝Bステップ19

step
20
まっすぐに立ちます 【タダーサナ】

太陽礼拝Bステップ20

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ポーズ・アーサナ

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)