ポーズ・アーサナ

チャトランガのコツ「脇をしめて体幹に力を入れる」

チャトランガポーズ2

「太陽礼拝」のポーズの中で壁にぶつかることが多いのが、「チャトランガ(ダンダーサナ)」。正しくおこなうのが難しいポーズのひとつです。腕の力で身体をキープするのではなく、体幹(コア)の力を使うことが大切!

チャトランガのやり方

  1. プランクポーズから肘を後方へ曲げ身体を下げる
  2. 床と身体が平行になるくらいで少しキープする
  3. 息を吐きながらゆっくりと身体を床におろす

さて、みなさんは、きちんと正しくできているでしょうか?間違っていないかチェックしてみましょう。

ココをチェック!

手のつく位置は、前すぎないか?

②脇が開き過ぎていないか?

③お腹の力が抜けていないか?

ダメなポイントとは?

①手のつく位置が前すぎる、お尻が上がっている

手の位置が前すぎると肩甲骨や腕が上手く使うことができません。手の平は、胸の横に。ポーズ最後のうつ伏せになったときに、胸の横に手があるかチェックしてください。肩の横など前に手をついている人は、「プランクポーズ」の姿勢に戻ってチェックしてみましょう。(プランクポーズでは、手首の上に肘がくるようにセットします)

また、手が前についているとお尻が上がりやすくなります。体幹(コア)に力を入れて、背中から足までまっすぐになるようにしましょう。

②脇が開いている

肘は脇腹の横にして、脇は適度にしめるようにしましょう。開き過ぎてもダメですが、しめ過ぎてもダメです。卵を脇にはさむくらいに。脇を開くと腕に力が入り腕立て伏せのようになってしまい、本来のポーズの効果が出ないので気をつけましょう。

③お腹がぬけている

お腹の力が抜けるとお腹が下に落ちて、身体を支えることができません。必ず、お腹の奥に力を入れ身体をまっすぐにキープましょう。アウターマッスルではなく、インナーマッスル(体幹・コア)を意識するのが大切です。

 

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ポーズ・アーサナ

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)