スタジオ・講師

有名男性ヨガインストラクター 8選(プロフィールと人気の訳)

男性インストラクター

ヨガのインストラクターというと、女性でモデルさんなどのイメージが強いかもしれませんが、男性インストラクターも見逃せません。イケメンからサーファー、医療従事経験者まで個性が豊か。本記事では、日本のヨガ界で活躍する男性インストラクターを8名をご紹介します。

ケンハラクマ

言わずと知れた日本のヨガ界の第一人者。ヨガをよく知らない人でも彼の名前は知っているという人も多いはず。見た目もヨギーニそのもの(笑)ヨガイベントなどにも多数出演されているので、一度レッスンを受けてみるのもおすすめです。

アケンハラクマ

Profile

IYCインターナショナルヨガセンター アシュタンガヨガジャパン|Ashtanga Yoga Japan 日本アシュタンガヨガ研究所|Japan Ashtanga Yoga Research Institute インターナショナルヨガセンター(IYC)/アシュタンガヨガジャパン主宰。

アシュタンガヨガの創始者 シュリ・K・パタビジョイス氏より日本人初の正式指導資格者として直接認定を受ける。日本でのヨガの第一人者として、アシュタンガヨガを中心に国内外にて幅広いヨガの指導とワークショップを行うほか、合宿・指導者養成や、メディア・教育・各種企業へのヨガコンサルティングなど、健全なヨガの普及活動に努め、常に日本のヨガ界を牽引し続けている。

タイ国バンコクワトポー寺院にて古式タイマッサージのセラピー資格取得。日本最大ヨガイベントヨガフェスタ発起人の一人。国際ホリスティックセラピー協会理事。 公益社団法人アスリートヨガ事務局長。著書にヨガライフ(春秋社)、ココロヨガ(セブン&アイ出版)、ヨガから始まる(朝日出版)他多数。

口コミPOINT

アシュタンガのベテランですがレッスン自体は堅苦しくありません。笑いもあり真面目なレクチャーもあり。初心者でも気軽に受けることができるでしょう。

 

更科裕也

情熱大陸の出演で話題に。容姿端麗かつ鍛えられた美しい肉体に女性ファンが急上昇したとか。今ではイケメンヨギーニの代表格といっても過言でありません。イケメンだけでなくヨガに対するストイックな姿も好感が持てます。

更科裕也

Profile

1977年に生まれ、北海道 札幌市で育つ。20歳で俳優を志し上京。 2002年、役作りのため始めたYOGAに魅せられ独学で学び始める。 その後、Ashtanga Yogaに出逢い練習に深く没頭する。Ashtanga Yogaで得たインスピレーションやエネルギーをART活動に注ぎ、『 YUYA SARASHINA YOGA EXHIBITION 』を東京 丸の内で開催する。

2007年より定期的にインド・マイソール KPJ AYI (http://kpjayi.org/home) にてSharath Rangaswamyに師事。2度目の渡印では異例の早さで2nd led classに参加。 その高い技術と集中力から生み出されるアーサナー(ポーズ)は、正に肉体のARTと呼ぶに相応しい。

20093月に帰国し、2月よりYOGAの全国 TOURINTO THE MIND》を敢行、2010年の二度目を合わせると、5000人以上を動員し、大成功を収める。2010 Sharath 氏より正式に指導者資格(Authorization)を与えられ、2011 Sharath 氏より正式に指導者資格 Authorization Level 2を与えられる。

口コミPOINT

イケメンに教えてもらいたい!という人は、ヨガを続けるモチベーションがアップするかも。

 

柳本和也

更科氏と並ぶイケメンヨギーニ。サーファーでもあり湘南を中心に活動中。いろいろなイベントや地方などでもワークショップを開催しています。

柳本和也

Profile

4歳から少林寺拳法やッカー、1994年頃サーフィンを始め、日々のライフワークとなる。サーフトリップで何度も訪れているバリ島でヨガに出会い、悩みであった腰の冷えや怪我の多さから解消され、ヨガの素晴らしさに目覚める。帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン ハラクマ氏に師事。

IYCティーチャートレーニング修了。2010年 インドゴアにて、Rolf&Marciに師事。2010年 Chuck&Mati ティーチャートレーニング修了。2009~2013年 日本最大級のヨガイベント、ヨガフェスタ横浜にて講師を務める。2008~2013年 関西最大級のヨガイベント、ヨガスマイル(春・秋)にて講師を務める。2012年 日本最大級のチャリティイベント、ヨガエイドにで講師を務める。

2013年 ジャマイカで行われた、カリビアンヨガカンファレンスでは日本から唯一ヨガ指導講師として参加。ソウルで行われたコリアンヨガカンファレンスにて講師を務める。ヨガ指導の他、日本各地で様々なイベント・ワークショップ等にも積極的に参加し活動中。また、日本各地、海外でKazuya Yanagimotoによるリトリートも開催。

口コミPOINT

ワイルドな見た目とは違い、ご本人は穏やかな雰囲気でどちらかというと”天然系”。ヨガだけなくナチュラルなライフスタイルに共感が持てると人気です。

 

柳本WEBサイト

柳本和也公式サイトはこちら

 

綿本彰

第三次ヨガブームをケンハラクマ氏とともに築いたといわれるヨガ界の有名人。父も兄もヨギーニというヨガ一家で、幼いころがヨガに親しんできたサラブレッド。マインドフルネスや瞑想に対しても知見が深く、日本だけでなく世界各地でも活動されています。

 

綿本彰

Profile

日本ヨーガ瞑想協会  会長、soundorganic  プロデューサー、健康デザイン研究所  CORE健康デザイナー、全米ヨガアライアンス  500時間ヨガ指導者トレーナー

幼い頃より、父であり、同協会の名誉会長である故綿本昇からヨガを学ぶ。人口知能を学ぶために神戸大学システム工学科に入学。卒業後、インドに渡り各地でヨガ、瞑想、アーユルヴェーダ(インド伝承医学)を研修し、帰国後同師に師事しながら、1994年にヨガ、瞑想の指導をスタート。

2000年以降は、世界各地でハタヨガ、ラージャヨガ(瞑想ヨガ)、パワーヨガ、クリパルヨガ、ヴィニヨガ、チェアヨガ、リストラティブヨガ、陰ヨガ、ヨガニドラ、ヴィパッサナー(仏教瞑想)など、様々なスタイルのヨガや瞑想を研修。2003年には、日本初となるパワーヨガ専門スタジオ「綿本パワーヨガスタジオ」をオープンし、日本におけるパワーヨガの第一人者としてヨガブームの火付け役に。また2004年には、ケンハラクマ氏、兄の綿本哲とヨガフェスタを発起。アジア最大級のヨガイベントとなっている。

現在は、日本各地でヨガや瞑想の指導、指導者の育成にあたるほか、インドやイタリア、イギリスなど、世界各国でヨガや瞑想の指導を行っている。

口コミPOINT

いろいろなヨギーニがいますが出版された書籍が一番多く、ヨガをわかりやすく説明することに定評があるようです。ヨガ初心者やマインドフルネスに興味がある人におすすめです。

 

浅野佑介

サーフィンでのケガからヨガに出合い指導者を目指したそうです。フィットネスクラブでのインストラクターの経験もあり、要介護者のヨガなどの開発や指導にも従事。現在は「男ヨガ」などのメンズクラスにも力を入れており、茨城を中心に都内や各地で活躍中。

浅野佑介

Profile

茨城県出身。全国で活動中のヨガ指導者

海の近くで育ち、サーフィン・スノーボードと自然との繋がりを楽しんでいる。サーフィンでのケガがきっかけでヨガに出会い、指導者の道を志す。その後ヨガスタジオを併設したデイサービスの開設に携わり、要介護・要支援者に対してのヨガプログラム開発、指導を担当。自身も腰痛を患った経験や病院での指導から、痛みと身体に寄り添ったヨガクラスを行う。
またフィットネスクラブでのトレーナー経験を生かし、体幹を意識したクラスも得意としている。男性にもヨガを楽しんでもらいたいという思いから、メンズヨガクラス「男ヨガ」を開催。優しさのあるクラスは男女ともに定評がある。

口コミPOINT

更科氏や柳本氏などのワイルド系ヨギーニとは対照的な爽やか系イケメンヨギーニ。お米作りも楽しむというナチュラルな生き方に性別や年代とわずファンが多いようです。

 

浅野WEBサイト

浅野祐介公式サイトはこちら

 

佐藤ゴウ

元ストリートダンサー。男性ヨギーニというとアシュタンガのイメージが強いですが、アシュタンガだけでなくリラックスや瞑想、解剖学までその知見は多岐にわたっています。偏らないバランスのよいナチュラルなスタイルが人気です。

佐藤ゴウ

Profile

IHTA国際ホリスティックセラピー協会理事/IHTA国際ホリスティックセラピー協会認定ヨガインストラクター講師

日本各地で行われるヨガイベントにもメイン講師としてヨガクラス担当多数。農林水産省など省庁主催イベントでのヨガ指導、有名企業でのヨガ指導など多岐。さらにヨガ専門誌や女性誌をはじめとするメディアへの掲載実績も多数。ヨガ指導者養成カリキュラムの監修。FMラジオでのヨガ講座も担当している。

ストリートダンサーとして、国内外にて振付・バックダンサーを経験。その後、ヨガに出逢い、本来人生とはとてもシンプルなものであると気づかされる。

現在は、YMCメディカルトレーナズスクールにおいて、ヨガ哲学、メディテーション(瞑想指導)、リラックスヨガ、ヴィンヤサヨガ、機能解剖学等も担当し、“心身の繊細な感覚を見つめる”、 “感じるままを大切にする”、 “事実のみを受け入れる”をテーマにヨガ指導を展開している。

口コミPOINT

アシュタンガ系のストイックなイメージよりもスピリチュアル系ヨギーニの印象がやや強め。とはいえヨガの基本もしっかりしているので安心感があります。

 

中村尚人

理学療法士として医療や介護業界での知見が豊富。ヨガのコーチングにも解剖学の知識や臨床での経験が織り交ぜられており、ヨガのベースとなる身体の使い方がよくわかります。ヨガでケガをすることが多いという人は必見です。

中村尚人

Profile

株式会社P 代表取締役 Studio TAKT EIGHT(タクトエイト)主宰

幼少から体を動かすことが好きで、水泳、合気道を習う。多趣味で高校時代は、演劇部、登山部、スキー部、軽音楽部を掛け持ちし学校にはほとんどいない生活を送る。俳優を志して上京するも、理学療法の学校で医療に興味を持つ。理学療法士として臨床を経験する中で予防医学の重要性に使命を感じ、ヨガ・ピラティススタジオで独立する。

ヨガの解剖学の第一人者として活躍しながらも会社を経営し、大手企業へのOEM、イベント講師、コンテンツ開発、商品開発などを行い予防医学の実現を目指している。TV出演、All About ガイド、雑誌寄稿、連載、著書・DVD多数。

口コミPOINT

間違えやすいヨガのやり方などをわかりやすく解説しています。とくにヨガインストラクターあるあるが非常に面白い(笑)。ただスピリチュラル系のヨガを求めている人には物足りないかもしれません。

 

中村WEBサイト

中村尚人公式サイトはこちら

 

山本俊朗

柳本氏と同様にサーファーでもあるインストラクター。ハタヨガ系ですが自身で新しいヨガのスタイル「ファイブエレメントヨガ」を提唱。ヨガの古典をふまえた上で女性の体や現代人にあわせたヨガをレクチャーしています。運動量はありますがストイックというよりは「のびのび派」。

山本俊朗

Profile

ヨガ指導者・ヨガセラピスト
Philosophy of Five Elements Yoga®
創設者

幼少期よりヨガの師範でもある母のもとヨガの実践指導を受ける。人生の大半をヨガとサーフィンの旅に費やし1000時間以上の幅広い分野に渡るヨガトレーニングを積みながらヨガ哲学、瞑想、呼吸法、坐法、解剖生理学、自然法則論などを様々な師より学ぶ。現在は哲学思想と機能解剖学の見地から心身に宿る自然治癒力を高めるヨガ、Philosophy of Five Elements Yoga®のワークショップや指導者養成トレーニングを全国各地で行う他、日本最大手ホットヨガスタジオLAVAやフィットネスクラブのプログラム開発やインストラクターの育成を担当している。

また、ヨガのフィルターを通して社会に貢献する活動としてオーストラリア大使館をはじめユナイテッドアローズ、日本初のソーシャライジングホテル、トランク ホテル(TRUNK HOTEL)渋谷などでもヨガクラスを開催するなど企業ヨガの普及活動にも力を注いでいる。

口コミPOINT

渋いイケメン系ですが、レッスンは笑いも起こるほどなごやかな雰囲気。ヨガのガイドがとても心地よく、ヨガが終わったあとの爽快感が癖になりそうです。

 

山本WEBサイト

山本俊朗公式サイトはこちら

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-スタジオ・講師

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)