ヨガいろいろ

ヒップアップに効果抜群!お尻を引き締める筋トレ

ヒップアップイメージ3

きゅっと上がったお尻になるためのエキササイズをご紹介!いろいろな筋トレがありますが、実際やってみて「これでいいのかな?」とお尻に効いている実感がないと続かないもの。今回ご紹介するエクササイズは、効果が高くお尻に効いているのがよくわかるのでおすすめです。なかなかきつい練習法でもありますが寝ながらできます。また「きつい=効果あり」ですから、めげずにつ続けましょう。

 

step
1
うつぶせになります

両腕は顔の下に置き、うつぶせになります。顔は上げずに下を見るようにしましょう。

 ヒップアップステップ1

 

step
2
両膝を曲げて両足を上げます

うつぶせの状態で足を腰幅くらいに開きます。そして、膝から両足を曲げて上げましょう。膝が90度になるくらいにし、両かかとをつけおきます。

このとき、恥骨を床に押すようにしましょう。少しみぞおちが上がる感覚があります。

ヒップアップステップ2

 

step
3
両膝をアップします

床から数センチでよいので両膝を上げます。両かかとはつけたままで、押し合うようにすると力が入りやすいでしょう。このとき、腰を使うと膝を高く上げることができますが、それはNG!腰ではなくお尻の筋肉で上げるように意識してください。お尻の少し外側の筋肉が少し硬くなるのを感じることができるでしょう。息は止めずにゆっくり呼吸しながらキープします。

ヒップアップステップ3

 

step
4
上げたまま両膝を閉じます

膝をアップした状態からゆっくりと膝を閉じます。膝があまり上がっていないと膝を閉じることができないかもしれませんがOKです。大切なのはお尻と内ももの筋肉を使うことです。閉じることができたら、今後はゆっくりと膝を開きます。反動ですぐに膝を開かないように。時間をかけてやることがポイントです。

ヒップアップステップ4

 

step
5
両足を上げて開閉します

さらに練習できる人は、再び両脚をステップ1のようにまっすぐ伸ばします。足の間は肩幅くらいに広げ、足を少し上げておきます。これをキープするだけでも効果があります。さらに足を上げたまま両かかとを閉じたり開いたりしましょう。これをステップ4と同様に反動ではなくゆっくり筋肉を意識しながらおこないましょう。

ヒップアップステップ5

 

筋トレのポイント

  • 膝を上げるのは低くてOK
  • 上下、開閉はゆっくりと
  • お尻や内ももの筋肉を意識して

ヨガでもヒップアップが期待できるポーズがあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

Check!

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ヨガいろいろ

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)