ポーズ・アーサナ

トリコナーサナ(三角のポーズ)のコツ「股関節の柔軟性」

トリコアーサナイメージ

ヨガの代表的なポーズでもあるトリコナーサナ(三角のポーズ)は、身体の広がりを感じるポーズと言われています。名前のように身体で三角形をつくりますが、両脚を強く踏みしめることが大切です。脚と骨盤の使い方を注意しましょう。

トリコナーサナのやり方

  1. 両足、両手を大きく開く

  2. 右足は90度外側へ向ける

  3. 上半身を右側へスライドさせ、股関節から折り曲げる

  4. 右手は右脚のすねもしくは床におき、背筋をのばす

  5. 左手は天井に伸ばし、右胸を天井に向ける

さて、みなさんは、きちんと正しくできているでしょうか?間違っていないかチェックしてみましょう。

トリコアーサナイメージ

ココをチェック!

お尻が後ろに出ていないか?

背中が丸まっていないか?

腕がつっぱっていないか?

ダメなポイントとは?

前体重になっている

上半身を前に 傾けるポーズのため、前体重になってしまいがちです。後ろ脚をしっかり踏んで、両脚に均等に体重をかけましょう。また、腰がひけてお尻が後ろに出てしまうのもNG。お尻は前に出すイメージです。正しいポーズを縦方向から見ると、身体全体が板のようにまっすぐになります。

トリコアーサナNGポーズ1

②下の脇が縮んでいる

手を床につこうとするあまり、背中が丸まってしまうことがあります。倒れる際に下側の脇が縮んでしまわないように、背骨をまっすぐにするように意識しましょう。傾きは、体側が伸びる最大限の角度で大丈夫。脇が縮むよりも、体側を伸ばすことを優先させることがポイントです。

トリコアーサナNGポーズ2

肩に力が入っている

下側の肩に力が入ると、手で床を突っ張って姿勢をキープしようとします。また肩が内側に入ってしまうことも。下の腕は肩の力を抜き、そっと添えるくらいに。下の腕ではなく、体幹で上半身を支えるようにしましょう。上半身を上へ引き上げ、胸を開いていきます。

トリコアーサナNGポーズ3

 

ポイント

上側の胸ではなく、下側の胸を天井へ見せるようにしましょう。背中を丸めずに体側をまっすぐにして、胸を開いていくことを意識してください。

 

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ポーズ・アーサナ

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)