ポーズ・アーサナ

【初心者必見】マツヤアーサナ(魚のポーズ)のやり方と効果

魚のポーズイメージ

胸を大きくひろげる魚のポーズは、猫背の人や肩こりの人などにおすすめです。胸を開くことで呼吸が深くなるため、リラックスヨガやレッスンの後半などに登場することが多いようです。現代人にぴったりな効果がたくさんありますが、首への負荷がかかりやすいので注意しながらおこないましょう。

本記事では、マツヤアーサナの効果ややり方をご紹介します。

効果

  • 呼吸が深くなる
  • 姿勢改善(猫背など)
  • 首のストレッチ
  • 肩こり改善
  • 睡眠の質アップ
  • バストアップ

 

胸を大きくひらいていきましょう

step
1
仰向けで横になります

脚はまっすぐ伸ばし、閉じておきます。

魚のポーズステップ01

 

step
2
両手をお尻の下に入れます

手の甲を上に向けて、お尻の下に入れましょう。(両手の甲にお尻を乗せるイメージ)この時、胸を広げ肩甲骨を寄せるように両肩を内側に入れます。両腕はまっすぐ伸ばしておいてください。

魚のポーズステップ02

 

step
3
胸をアップします

胸を天井に上げるように背骨を反っていきます。ゆっくりとあごを上げ首も反らし、頭頂が床に着くところでキープします。(頭頂が難しい時は後頭部でもOKです)ゆっくりと呼吸をおこないポーズをキープします。

初心者の方は中途半端に胸をアップしてしまうことが多いようです。無理はいけませんが、肘と前腕で床を押して上半身を支えながら胸を反らすのがポイントです。また頭を少し持ち上げて首を反らすようにしてから、頭頂をマットに置くとやりやすいでしょう。頭頂で体重を支えてしまうと首に負荷が大きくかかるので、頭頂ではなく肘と前腕で支えるようにしてください。

ポーズの途中で首に何か違和感などを感じたらすぐにやめてください。ポーズを解く時もまずは頭を持ち上げてそれからゆっくりと胸を下ろすようにしましょう。

魚のポーズステップ03

ポイント

  • 手の甲は上向き
  • 肩を内側へ入れて胸をひらく
  • 肘と前腕で上半身を支える
  • 脚はまっすぐに伸ばす

 

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ポーズ・アーサナ

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)