ポーズ・アーサナ

三点倒立とシルシャーサナの違いは?

ヘッドスタンドイメージ11

一般的には「倒立」というフレーズがよく使われますが、ヨガでは「シルシャーサナ」とも呼ばれています。何か違うのでしょうか。本記事では、ポーズの違いとやり方のポイントについてもご紹介します。

三点倒立は、シルシャーサナ2とも呼ばれます

ヘッドスタンドイメージ10

ヨガのレッスンなどで「シルシャーサナ」と呼びますが、通常は「シルシャーサナ2」を指していることが多いでしょう。実は「シルシャーサナ」には1と2があります。それぞれどんなポーズなのでしょうか。

「シルシャーサナ1」がいわゆる「三点倒立」と同じポーズのことを言います。違いは手や腕の使い方です。「三点倒立」とはその名の通り3点(頭頂と両手)で身体を支えるポーズのこと。それに対して「シルシャーサナ2」は、みなさんが想像するポーズで、手を後頭部で組み、上腕で体を支えます。また「ヘッドスタンド」と呼ぶこともありますが「シルシャーサナ2」を指すことが多いと思われます。

共通して大切なポイント

ヘッドスタンドイメージ05

腕(手)のつき方が違いますが、基本的なポーズの手順は似ています。どちらも脚を顔側に歩かせていき、フワッと足をアップすることが必要です。ただこれが最初はなかなか難しい。ハムストリングが硬いと脚を近づけられないのです。前屈などでハムストリングスをストレッチしましょう。また背中が丸まらないように背筋を伸ばすことを意識することで、成功に近づきます。

シルシャーサナ(三点倒立、ヘッドスタンド)ができない!原因と練習方法を分析

三点倒立とシルシャーサナのコツの違いは?

腕のつき方の違いから異なるポイントもあります。私の場合、三点倒立の方がやりやすく、2はなかなか身体の安定感が出るまでに時間がかかりました。人によっては違う場合もあると思います。自分が苦手なポイントを見つけることが大切です。そこを中心に練習することで早くできるようになるでしょう。

シルシャーサナ1、三点倒立

ヘッドスタンドイメージ01

シルシャーサナ1に比べて、2は足をアップする際に背中が丸まってしまいがち。背筋が伸びていないと足がふわりと上がりません。背中をまっすぐに意識してみましょう。それでも難しい場合は、脚を伸ばしたままアップしていくのではなく、片足ずつ膝を曲げます。そうすることで、背中が丸まる前に足を上げることができます。

また、頭頂で身体を支えているとグラグラして安定しません。上腕で力強く床を押すことが非常に大切です。頭頂は床に置くくらいのイメージでいいかもしれません。あとはバランスを取りながらキープしていきます。

シルシャーサナ(ヘッドスタンド)を安定するために必要なこと

シルシャーサナ2

三点倒立イメージ

手を着く位置が広く、また背中をまっすぐにキープしやすいため足がアップしやすいでしょう。ただ一方で頭頂に重心が偏りがちです。首をすくめないようにしましょう。首などに負担がかかることがあるので注意してください。手でしっかり床をプッシュしてます。

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ポーズ・アーサナ

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)