ポーズ・アーサナ

【初心者必見】ワイルドシングスのやり方と効果

ワイルドシングスイメージ1

ワイルドシングス(カマトカラーサナ)は、胸を大きく開いていくポーズ。全身を後屈していくため、ポジティブなエネルギーを感じやすいと言われています。体幹を使うことがポイントですが、腕の力の入れ方や足の踏ん張り方などバランスが難しいポーズでもあります。

ダウンドックをベースとするやり方と、プランクをベースとするやり方の2種類あります。本記事ではより簡単なプランクからの流れをご紹介します。

効果

  • 腸腰筋などのストレッチ
  • 肩こり解消
  • 背中の引き締め
  • 姿勢改善

 

大きく胸を開きましょう

step
1
プランプをおこないます

まずは、プランクの姿勢になりましょう。手は、肩に下に着くようにします。このとき過伸展にならなように肘は少し緩めておいてください。

ワイルドシングスやり方1

step
2
上側の膝を曲げて着きます

プランクの姿勢から、上になっている脚の膝を曲げて後ろ側の床に下ろします。この時しっかり足の裏全面で床を踏めるかどうか、位置かをチェックしてください。

ワイルドシングスやり方2

step
3
骨盤を上に回転させます

先ほど着いた足で床を踏みながら骨盤を天井側に回転させ、全身をしならせるようにしながら胸を大きく開いていきます。上の腕は頭の上へまっすぐ伸ばしましょう。

腕だけに体重をかけないように、体幹を引き上げるようにします。

ワイルドシングスやり方3

 

ポイント

  • 骨盤を天井に見せる
  • 胸を大きく開く
  • 足でしっかり床を踏む
  • 体幹で全身を弓形に
  • 腰で反らない

 

ダウンドックからのワイルドシングス

ワイルドシングスイメージ

上記のやり方以外にも、ダウンドックからワイルドシングスに移る方法があります。その場合、片足を上げたダウンドックから足を後ろにつき、逆にひっくり返るイメージです。この方法は少し難易度が高く、手と足の距離に理由があります。

プランクとダウンドックの手と足の位置を比べてみてください。ダウンドックの方が、手と足が近いのです。近いということは、身体全体がさらに弓のようにしなる必要があります。無理にやろうとすると腰にテンションがかかりすぎ痛めてしまいます。まずはプランクからのワイルドシングスでポーズに慣れて十分胸が開いてから試すのがおすすめです。

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ポーズ・アーサナ

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)