ビューティー

【ダイエットや筋トレに】チョコ系プロテインバー6商品を比較!

チョコバーイメージ

コンビニやドラッグストアなどどこでも手軽に購入できるプロテインバー。最近は種類も多くなり、いろいろな商品が販売されています。でもどれがいいのか迷ってしまうという人も多いでしょう。本記事では、各メーカーの商品の内容や食感などを比較しながらご紹介します。

カロリーやタンパク質、炭水化物量をチェック!

チョコバーイメージ

プロテインバーを選ぶ際に気になるのが栄養素でしょう。特にチェックしたいのが、「カロリー」「タンパク質」「炭水化物(糖質)」の3つ。「カロリー」はダイエット中の人は必見。また「タンパク質」は、エクササイズなどの運動をしている人はチェックしたいポイントです。筋肉のもととなるタンパク質は不足しがちですから、十分とるように心がけておきたいでしょう。意外に見落とされがちなのが「炭水化物」です。タンパク質ばかりに目がいき、炭水化物の量を気にしていないのではないでしょうか。炭水化物は、糖質です。タンパク質をとろうとするあまり、糖質が増えていないか注意しましょう。

食感は、モサモサ系か、ザクザク系

チョコバーイメージ03

食べた時の感覚は、大きく2つに分かれます。本記事でご紹介している①と②はモサモサ系、③~⑥はザクザク系です。モサモサ系とはカロリーメイトのような食感。口の水分を持っていかれる感じもあり、ドリンクと一緒に食べたいかもしれません。一方、ザクザク系はクランチバーが多く、商品によってナッツなどが入っていることもあります。どれがいいかは好みによるでしょう。

  1. (ブルボン)PROTEIN BAR チョコレートクッキー
  2. 大塚製薬)SOYJOY アーモンド&チョコレート
  3. アサヒ)1本満足バー シリアルブラック糖類80%オフ
  4. アサヒ)1本満足バー プロテインチョコ
  5. (森永製菓)IN PROTEIN BAR superクランチチョコ
  6. (森永製菓)クレバープロテインバー ミルクチョコレート

①(ブルボン)PROTEIN BAR チョコレートクッキー

チョコバー01

クッキー生地に大豆パフとチョコチップを練りこまれています。たんぱく質だけではなく、10種のビタミンや約1/3日分のカルシウム・鉄が配合されています。

  • 内容量:40g
  • エネルギー:186kcal
  • タンパク質:10.7g
  • 炭水化物:16.9g

総評

カロリーやタンパク質量など全体的にバランスがよく、ビタミンなどもとれるので女性におすすめ。少しモサモサした感じ(カロリーメイトなどに近い)で、他のクランチ系とは違った食感です。個人的にはこの食感がクセになります。

②(大塚製薬)SOYJOY アーモンド&チョコレート

チョコバー02

ざくっとしたローストアーモンドと薫り高いチョコレートの豊かな味わいが特徴。

  • 内容量:30g
  • エネルギー:145kcal
  • タンパク質:5g
  • 炭水化物:12.2g

総評

内容量が少なめでエネルギーも低め。またタンパク質も少ないので、筋トレ用の栄養補給としては少し物足りない印象です。小腹が空いた時やちょっとしたおやつ代わりとしておすすめ。ベリーやナッツ、抹茶など12つのフレーバーがあるので気分に合わせてセレクトするのも良いでしょう。

③(アサヒ)1本満足バー シリアルブラック糖類80%オフ

チョコバー03

シリアルタイプのチョコレートバー。ほろ苦い甘さ控えめのブラックチョコレートで、ザクっと食感のシリアルをコーティングされています。大きめにカットしたマカダミアナッツの香ばしさと食感がアクセント。

  • 内容量:37g
  • エネルギー:179kcal
  • タンパク質:2.4g
  • 炭水化物:22.8g

総評

CMでお馴染みの「1本満足」。その名の通り満足感がある1本。タンパク質量がかなり低め、かつ炭水化物(糖質)が高いので、ダイエットやエクササイズには少し不向き?マカダミアナッツやコーティングしたチョコはスイーツ感が強いので、どうしても甘いものが食べたい時などの置き換えには良いでしょう。

④(アサヒ)1本満足バー プロテインチョコ

チョコバー04

カカオが香るミルクチョコで、レーズンの爽やかな酸味がアクセントのチョコバー。こちらも「1本満足」の商品。③と見た目は似ていますが、タンパク質量が多く、炭水化物(糖質)が少なめです。

  • 内容量:39g
  • エネルギー:183kcal
  • タンパク質:15g
  • 炭水化物:12.1g

総評

量や栄養ともバランスが取れており、5種のビタミンや必須アミノ酸が配合されているので、ダイエットや運動にもおすすめです。重量感もあり食べ応えや満足度も十分でしょう。③はスイーツ代わり、④はタンパク質など栄養補給にと目的に合わせて選ぶのも良いでしょう。

⑤(森永製菓)IN PROTEIN BAR superクランチチョコ

チョコバー05

クランチチョコタイプのため食感でも満足感を得られやすく、おやつ感覚でも食べやすいエネルギー代謝に必要なビタミンB群も配合されています。

  • 内容量:52g
  • エネルギー:254kcal
  • タンパク質:20.9g
  • 炭水化物:13.7g

総評

他のバーと比べるとカロリーが高めですが、内容量が多いので実質としてはそれほどカロリーは高くないかもしれません。ただ1本食べ切ると少し多いかもしれません。タンパク質が20gも含まれているので、栄養補給や筋トレにピッタリ!ダイエットというよりも、エクササイズや体づくりに良いでしょう

⑥(森永製菓)クレバープロテインバー ミルクチョコレート

チョコバー06

チョコが美味しいプロテーンバー。ミルクチョコとビターチョコの2タイプあり。

  • 内容量:39.7g
  • エネルギー:206kcal
  • タンパク質:15g
  • 炭水化物:10.7g

総評

ミルクチョコレートにアーモンドの風合がぴったり。ごろごろとナッツが入っているというよりは、細かく砕いた感じで入っています。他のものに比べると、全体的に味や食感が軽めかもしれませんが、タンパク質も15gと十分あります。また人工甘味料が不使用なので、ナチュラル嗜好の人にも良いかもしれません。

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ビューティー

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)