ウェア・グッズ

おすすめヨガウェアブランド10選

機能性や着心地などにこだわり、ヨギーニのために作られたヨガウェア。海外系から日本系ブランドまで、とくにおすすめな有名ブランドをご紹介します。おしゃれなヨガウェアを着れば、気分もアップ!ぜひ、お気に入りのブランドを見つけてください。

ルルレモン(lululemon)

ヨガウエアの中でも一番人気といわれる「ルルレモン」。カナダ(バンクーバー)発のヨガブランドで、「ヨガやランニングなどの運動を通じて、精神的にも身体的にも身体を健康にし、生活を豊かにしよう」というのがコンセプトです。

価格

高め ※参考価格:レギンス1万円台〜

特徴

  • ヨガ講師の間でも大人気
  • 着心地がよく、機能性が高い
  • 落ち着いた色合いのアイテムが多い
  • マットなどのグッズもある
  • パーカーやジャケットなどのウェアも豊富
  • フラッグショップ(国内8店舗)がある

ルルレモン公式サイト

 

ダンスキン(DANSKIN)

ニューヨークで誕生したダウンスウェアのパイオニアブランド。高い機能性とフィット感でダンサーの中で人気に。しなやかで心地よい生地は、セカンドスキンといわれています。

価格

普通 ※参考価格:レギンス1万円弱〜

特徴

  • シンプルなデザインが多い
  • 大人の女性向き
  • 落ち着いた色合いのアイテムが多い
  • スポーツウエアだけでなく、カジュアルウエアも豊富
  • 百貨店などで販売していることが多い

ダンスキン公式サイト

 

スリア(suria)

サンスクリット語で太陽を意味するsurya(スーリヤ)にちなんだ「スリア」は、ヨガのライフスタイルを豊かに彩るために生まれたブランド。肌ざわりの優しい素材にこだわっていて、しめつけ感やストレスがありません。

価格

普通 参考価格:レギンス1万円弱〜

特徴

  • フィットやホールド重視というより、ストレスフリーな着心地
  • 優しい色みのアイテムが多い
  • ゆとりのあるシルエットが多い
  • 柄ものもあるが、控えめな印象

スリア公式サイト

 

リアルストーン( Real Stone)

「リアルストーン」は、「”心”と”身体”を心地よく結ぶヨガウェアブランド」。「女性らしいやわらかなラインを演出してくれるヨガウェア」をコンセプトとしています。幅広いユーザーに人気です。

価格

普通 ※参考価格:レギンス1万円台〜

特徴

  • 女性らしいデザインが多い
  • 大柄で華やかな絵柄などもある
  • ミディアムトップが印象的
  • 人をあまり選ばず、いろいろな人に似合う

リアルストーン公式サイト

 

スーパーナチュラル(SUPER NATURAL

2014年にスタートしたスイス発のアクティブウェアブランド。すべてのアイテムに希少なメリノウールを使用しており、どのアイテムもナチュラルな雰囲気です。上質で機能的なアイテムは、ヨーロッパなどで高い評価を得ています。ヨガだけでなく普段使いにもおすすめです。

価格

やや低め ※参考価格:レギンス1万円弱〜

特徴

    • カジュアルなイメージ
    • 素材は、つるつる感は少なく自然な風合い
    • カラバリが豊富、鮮やかな色もある
    • デザインはシンプルなものが多い
    • 男性ウェアも充実。カップルにおすすめ

スーパーナチュラル公式サイト

 

ジュエリ(julier)

日本のヨガウェアブランドで、ヨガやランニングをライフスタイルにしている女性向けにスタートしました。デザイナー(シオリ)自身もヨガのインストラクターの資格を持っており、ユーザー目線で作られたウェアが人気です。

価格

高め ※参考:レギンス1万円台〜

特徴

  • 女性らしい華やかなイメージ
  • お尻までカバーしてくれるトップスデザインが印象的
  • カラバリは多めだが、ビビッドな色は少なめ
  • 着るだけで、気分が上がりそう

ジュリエ公式サイト

 

ヨギー・サンクチュアリ(yoggy sanctuary)

機能性だけでなく、着心地のよさ、シルエットの美しさを兼ね備えた日本のヨガウェアブランド。メイドインジャパンの品質にもこだわりを持っています。女性らしいラインや肩周りのラインがきれいに見えるように計算されたカッティングで人気です。

価格

少し高め ※参考価格:レギンス1万円前後、ブラ1万円弱〜

特徴

  • やわらかな雰囲気
  • デザインもおとなしめなものが多い
  • 肌触りのよい素材が多い
  • ぴったりというより、ゆったり
  • 柄ものアイテムが少ない印象
  • ルームウェアとしても使えるアイテムが多い

ヨギー・サンクチュアリ公式サイト

 

イージーヨガ(easy yoga)

台湾で生まれ、アジア圏を中心に人気のブランド。日本上陸後は、その着心地やデザイン、きれいなシルエットから人気に。有名モデルや有名ヨガインストラクターなどが愛用していることでも知られています。

価格

少し高め ※参考価格:レギンス1万円台〜

特徴

  • 色・デザインとも豊富
  • 利用シーンにあわせてシリーズ展開がある
  • マットなどのアイテムも人気
  • 強い個性というよりは誰にでも似合うデザイン
  • はじめてヨガアイテムを購入する人にもおすすめ

イージーヨガ公式サイト

 

アムニー(AUMNIE)

カナダの西海岸で誕生したブランドで、ヨガウェアを中心にフィットネスウェアを展開しています。「CREATBALANCE」=自分のバランスを見つけることがコンセプト。ラインナップが豊富で約150型ものアイテムがあるそう。速乾素材やオリジナルの縫製などにより通気性や軽量化にすぐれています。

価格

高め ※参考価格:レギンス1万数千円〜

特徴

  • おしゃれなイメージ
  • 柄物アイテムが少なめな印象
  • カラバリが豊富
  • サイドが編んであるデザインのレギンスが特徴的
  • 購入できるショップが少なめ

アロヨガ(Alo Yoga)

2007年にアメリカの西海岸、ロサンゼルスで生まれたヨガウェアブランド。アメリカではおしゃなヨガウェアブランドとしてとても有名です。4方向に伸縮する「4WAY STRETCH」や吸水性、抗菌防臭を兼ね備えたウェアは機能性も高く、カジュアアルウウェアとして取り入れているセレブも多いようです。

価格

高め ※参考価格:レギンス1万数千円〜

特徴

  • なめらかな生地
  • スタイルのよい人が着ている印象
  • シンプルだがスタイリッシュなデザイン
  • 柄物アイテムは少なめ
  • 女性らしいイメージ
  • 購入できるショップが少ない(公式サイトは海外版のみ)

アロヨガ公式サイト

おすすめ記事

ブリッジポーズイメージ 1

ブリッジといえば、子どものころ体育でやった記憶があるという人も多いかもしれませんが、ヨガのポーズの中にもブリッジがあります。ヨガでは「上向きの犬のポーズ」と呼びます。「頭が上がらない」「頭は上がるが腕 ...

ハヌマーンイメージ01 2

「ハヌマーン」とはインドの神話に出てくる猿の神様の名前。ヨガでは猿神のポーズとも呼ばれ、上級者向けポーズです。機械体操やバレエなどでも「前後開脚」または「スプリット」として知られています。脚を前後に開 ...

ルルレモンレギンスイメージ 3

ヨギーニの間で有名なルルレモンのレギンス。「Align」シリーズは特に人気が高く、しっとりソフトな肌触りのNulu素材や縫い目の少ないデザインはまるで履いていないような感覚と言われています。ヨガなどの ...

-ウェア・グッズ

© 2022 YOGA Picks(ヨガピックス)